ダイエット中も積極的に摂りたい油とはなにか?

ダイエット中も積極的に摂りたい油とはなにか? ダイエット
ダイエット中も積極的に摂りたい油とはなにか?

Training Column

 食事・栄養
2021-07-26 11:20:44

ダイエット中も積極的に摂りたい油とはなにか?

こんにちは、千葉県柏市のパーソナルトレーニングジムD-HEARTSトレーナーのあやです。みなさんはダイエットをする時に三大栄養素である脂質や油を、極端に減らしていませんか??お魚やお肉に含まれている脂質や油は、種類と割合に注意しながら積極的に摂っていくことが健康的で綺麗にボディメイクを成功させるためには必要不可欠!!つまり、ボディメイク、ダイエット中に油を極端に抜いてしまうのは大間違い!!また油は腹持ちもいいので、きちんと選ぶことでダイエットの手助けをしてくれます。

ダイエット中も積極的に摂りたい油とはなにか?

油の種類

油には【飽和脂肪酸】と【不飽和脂肪酸】の2種類があり、私達が積極的に摂るべきは【不飽和脂肪酸】なかでもオメガ6とオメガ3の油をできれば41、理想的には11の割合で摂ると身体にとてもいいのだとか。

必須脂肪酸といわれるオメガ6とオメガ3は、私達身体の体内では作ることができないため、食べ物から摂らなければなりません。

とくに私達現代人は、オメガ3が不足しがちだと言われています。オメガ3は悪玉コレステロールを減らし、血中にある中性脂肪を低下させてくれるので、意識的に摂りたい油ですね!!しかしこのオメガ3はとても酸化しやすく熱にも弱いので、サプリメントを上手に使用して補うのがおすすめです。

【飽和脂肪酸】

バターやラードなど動物性の油。常温で個体、酸化しづらく熱に強い。

【不飽和脂肪酸】

植物性の油や青魚の油。常温で液体、酸化しやすい。

【オメガ9

オリーブオイル、菜種油など。オレイン酸が豊富。

【オメガ6

コーン油、大豆油など。リノール酸が豊富。

【オメガ3

エゴマ油、亜麻仁油、青魚の油など。α-リノレン酸、DHAEPAが豊富。

トランス脂肪酸

マーガリンやショートニングなど人工的に作られた油に多く含まれるトランス脂肪酸は動脈硬化や心臓疾患の原因に繋がると言われており要注意。スナック菓子や菓子パンのイメージが強いおのトランス脂肪酸、実は輸入品の牛肉や生クリームなどにも多く含まれているので摂り過ぎないように気をつけていきましょう^ ^

また外食や出来合いのお惣菜などに使われる揚げ物の油も酸化している可能性が高く体内の老化を進行させてしまうのでこちらなるべく控えていきたいですね^ ^

三大栄養素

脂質は三大栄養素のひとつ。ホルモンバランスを整えるのを助けてくれるのも脂質の働きによるものなのです!したがって、脂質を極端に制限してしまうとお肌や髪の毛に水分が含まれずに乾燥してしまいます。せっかく理想的なボディを手に入れても潤いのないガサガサの乾燥したお肌では女性としての美しさを失ってしまうということに繋がります、、、。かしこく選んで有効的に取り入れていきましょう!

D-HEARTS柏店では、7月末まで体験レッスン無料キャンペーン中です。皆様のお申し込みお待ちしております!!