朝の運動で健康になろう!生活改善のコツとは?

朝の運動で健康になろう!生活改善のコツとは? ダイエット
朝の運動で健康になろう!生活改善のコツとは?

Training Column

 ダイエット
2021-11-15 12:00:00

朝の運動で健康になろう!生活改善のコツとは?

こんにちは、柏駅前のパーソナルジムD-HEARTSトレーナーのあやです。ダイエットのために運動をする方は多いのですが、特にダイエットなどとは関係がなくとも私達人間は運動をするべきです。そうでないと、年々体力が落ちてしまい、本来人として持っている機能を使うことができなくなってしまいます。特に40歳くらいからの中高年の方は積極的に運動を取り入れることをおすすめします。何も意識していないとひどい運動不足に陥ってしまいますよ!

朝の運動で健康になろう!生活改善のコツとは?

1.朝の運動を習慣化させよう!

運動はいつやってもいいのですが、習慣にしたいと考えているのであれば朝一に行うのが1番おすすめです。活動エネルギーはたっぷりありますし、朝に運動すると気分がよくなるので1日を快適に始めることができますね^ ^

夜になってしまうと日中の疲れを言い訳に『明日からやろう、、、』なんてことになってしまい、いつまでも運動ができない可能性があります。最初はウォーキングかジョギングがおすすめです。無理なくはじめることができますし、特にこれといった道具も必要がなく、やり方がすごく難しいということもありません。

屋外なら外気や太陽の恩恵も得ることができます!誰でも歩いたり走ったりした経験があるので、違和感なくはじめられますね^ ^

それでは、朝一に運動習慣をつける秘訣をいくつかご紹介していこうと思います!

2.早寝早起きを意識しよう!

朝に運動をする時間を捻出しなければなりませんので、その分いつもより早起きするのは必須となります。早起きするためには、夜に早く寝る必要があります。睡眠は運動とともに、人の健康にすごく大事なものです。それなのに運動と同じように軽んじられているものも睡眠なのです、、、。運動習慣をつけるのと同時に適切な睡眠習慣をつけることができれば一石二鳥ですね^ ^

お仕事でどうしても夜に働かなければならない!などでなければ、夜は早くに寝たほうが健康にいいですよ^ ^

2.運動に必要なものを準備しておく!

運動着や靴を朝に探さなくても、すっと身につけられるように前の日にスタンバイしてあげてください。あらかじめ用意をしておけば朝に面倒に思うことが減り、グッと運動しやすい状況へとつながります。

3.何をするのか具体的に決めておこう!

『何をするか』とは習慣のループのルーティンにあたるところです。ここは『運動する』になりますが具体的に決めておかないと、いつまでたってもまったく運動習慣がつかないということになってしまうでしょう、、、。

『明日から走ろう!』

『明日は朝起きたら、ウォーキングしよう』

『明日、ちょっと運動しよう』

といった曖昧な計画よりかは、『明日、朝起きたら着替えて、近くのコンビニまで行ってまた戻って来よう』など具体的に決めて、自負が実行しているところをイメージしてみてください。

4.まとめ

最初はうまく習慣として生活に取り入れることはできないかもしれません。また家族の都合などの不可抗力のため、思ったようにできないこともあります。そんなときに簡単に諦めてしまってはいけません。また明日からやればいいのです。完璧主義の方ほどちょっとの障害があっただけで、いとも簡単にあきらめてしまいます。完璧にやる必要などないのです。運動したいと思っているのにできない方は、意志が弱いからのではなく、運動に対しての意識が高過ぎてしまったり運動をすることへのメリットをよく理解できていないからです。ずっと運動をしないと自分の身体はどうなってしまうのか?運動の効果を確認しつつやっているうちに必ず習慣になりますよ^ ^

できるものからコツコツと行っていきましょうね。

D-HEARTS柏店では、現在体験レッスン無料キャンペーン中です。皆様からのお問い合わせお待ちしております。